FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

マイペンライ

「子どもの毎日は “はじめて” で溢れている」。

以前読んだ本の一節が、霧雨にけむる新宿のビル群を自宅のリビングからボーッと眺めている時、ふと頭をよぎりました。

私はこの12月で74歳になります。今日まで天真爛漫、自由気儘に生きてきたからでしょうか、子どもの頃と変わらぬ “はじめて” が毎日必ずあります。

子どもが見るもの聞くもの、触れるもの全てがはじめての連続で、楽しみはしゃぎながら日々成長する姿は愛らしいものです。しかし私は大人ですからはしゃぐことも、何で? どうして? と問うこともなく、今どきはネット検索でそれなりの答えが得られる便利な時代です。感情を抑えるというより冷静に対処して一人納得しているのです。それも物事を忘れるからなのかもしれません。忘却と発見を繰り返しながら、いわゆる子ども返りをしている、ということでしょうか。

聖書では、神様が天と地を創った後にエデンの園にアダムとエバを創造しました。二人の生活は穏やかな「普通」や「当たり前」だけで、感動や驚き、発見などの意識は無かったでしょう。決して食べてはならないと神様から言われた禁断のリンゴを食べるまでは。二人は神様との約束を破り “罪” を犯したのです。以来、神様は戒めとして労働や産みの苦しみを与え楽園から追放し、その顛末はキリスト教の創世記として全世界に布教しました。

赤ちゃんは無垢の状態で誕生します。そして毎日はじめてを体験しながら成長し大人になり、やがて老いて天に召されます。その過程で大小の罪を犯しながら反省を繰り返し、人生を全うしているのでしょう。一切の罪を犯さない人生は可能でしょうか? 私の人生は罪の積み重ねでした。でしゃばる、
虚勢を張る、知ったかぶりをする……罪まみれの人生でした。ですから私はその罪ゆえに聖書を読み、毎日少しずつでも他の書物を読むことも大切にしてきました。読書を通じて新たな価値観を獲得することで、“生まれ直し” を試み続けられると思ったからです。

いつしか、試みる事、試み続ける事が、すなわち「贖罪」なのだと理解しました。何を試み、続けるのか自分自身に問い詰めると少し行き詰りますが、そんな時はタイ語で「マイペンライ(細かい事は気にしないよ)」と頭の隅で呟きつつ、新しい本のページをめくります。

今日の一冊は、湊かなえさんの「落日」。帯に記された、「 “真実” とは、“救い” とは、そして “表現する” ということは。絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語」。という一節に違わぬ内容です。難解ですが、罪を乗り越えて獲得する新たな可能性、生まれ直しを試み続けられるということを理解してみたいものです。

つなぐバトン

新型コロナとの戦いの中、パラリンピックが始まりました。障がいを乗り越えてがんばる姿は感動そのものです。かく言う私も歩行障害3級の手帳を持つ一人として、IPCが唱えるパラリンピックの人権運動――世界人口の15%の人々が何らかの障がいを持っている「We the 15」――に共感することが多く、TV画面に連日釘付けとなっています。

感動を呼ぶ熱戦とは対照的な問題もあります。地球規模の異常気象により農産物の生育に甚大な被害を及ぼし、コロナ禍という特殊な事情も重なって諸原材料の生産不足による高騰が全世界に広がり、二次加工品の値上がりも多発しています。住宅用の建設木材の高騰、いわゆるウッドショックは記憶に新しいですね。米国や欧州諸国のロックダウン解除後の需要拡大、輸送コンテナ不足が相まって一時的に日本向けの原木輸入がひっ迫しました。

厳しい状況は食品業界にも及んでいます。主原料となる麦や大豆などの絶対量が不足して、和洋菓子や製パンが今までにない大幅値上げを余儀なくされています。鶏卵、小麦、油脂、電気、物流、そして人件費の値上げ等々。コロナ禍による非日常の事態に世界はワクチンの争奪に躍起となり、はたまた政治の不透明感をマスコミが煽り、パンデミックを引き起こしかねないプロパガンダが横行していますが、少し冷静になりましょう。原材料の値上げが商品価格に与える影響は一時的な要因とも考えられる可能性も高いのです。

地球温暖化抑制に向けた「温室効果ガス」の排出削減策は各国の取り組みにより着実に進められています。陸海であらゆる生態系に害をもたらすプラスチック材からリサイクルの効く容器に移行する企業努力や、食品ロス抑制をふまえた法整備など、政・官・民が一体となって少しずつでも意識を変えていきたいものです。

ネガティブにニューノーマルを過ごすのではなく、パラリンピアンのように力強くしなやかに逆境を受け入れ克服するマインドをお手本に、世代から世代へとバトンをつなぎたいものです。

●●●

良質なグルメ

ホリエモンの愛称でおなじみの堀江貴文さん。いくつもの事業を成功させてきた起業家として知られ、その常識を覆す手法や名言には圧倒されるものがあります。以前ヤフーニュースのヘッドラインで話題となった「ランチでは5,000円以上の鰻丼を食え!」というフレーズにも説得力がありました。

彼曰く、
食事の出費を惜しんではダメ。美食を楽しむだけでなく機会創出と知識を満たすリターンが得られる。このご時世に、なぜ5,000円もの値段が付けられるのか? 味を維持する方法は? 経営手法は? 外食産業の仕組みを考察する上でのヒントが丼いっぱいに詰まっている。舌を通して考えるので思考は深まり、学びの質も上がる。食事への出費はただの贅沢ではなく投資としてもいいことずくめである。
……という具合です。

彼のメッセージは、グルメという分野を超えて日々の仕事だけでは出会えない各界の著名人とも知り合える利点を説いています。これは「酒食にお金を費やすことで一番得られるのは幅広い人間関係」という私の持論にも相通じるものがあります。

私は決してグルメではありませんが、おいしい本物を味わうためなら少々の出費は惜しみません(たまーにですよ)。ホリエモンに倣って鰻で選ぶなら、浅草雷門近くに構える老舗「川松」のいかだ重は絶品ですね。土用の丑の日は赤坂の鰻専門料亭「重箱」の八代目が仕上げる鰻の蒲焼と白焼き、肝焼きも珠玉の逸品! いずれの店も大きな個室で三密とは無縁のソーシャルディスタンスを確保し、入店から退店まで顔を合わせるのは料理を運ぶ仲居さんのみ。4人での会食でも安心して利用できます。

寿司に蕎麦、フレンチやイタリアンにも私はこだわりを持っています。家内と2人で選び抜いてきた “菅田家公認の名店” で、良い食材と確かな腕で供される良質のグルメを堪能し、さらに新たな人脈が築ける。そこには値段では語れない価値があります。

一日も早く、マスクを外して満面の笑みでグルメを楽しみたいものですね。

ガンバレ日本

昨年2月初旬、友人とインドネシアのバリ島へ行きました(もちろんこの海外旅行が最後です)

最終日に東京の家内へ「あした予定通り帰国するよ」と電話すると「日本では新型コロナ騒ぎでマスクが品切れ」とのこと。慌ててホテル近くのドラッグストアに行くと何事もないかのように色とりどりのマスクが整然と並んでいました。ブルー地の不織布マスクが10枚入り2,000ルピア。ナント1枚あたり日本円で約1円50銭。思わず買い占めそうになるも思い留まり、悩んだ末に50セット500枚を購入して帰国しました。

家内は他のお土産よりもマスクを手に「すごいわ! ありがとう」と絶賛。社員たちも「よく手に入りましたね」と喜んでくれました。帰国後、街のドラッグストアでは確かに揃って品切れ、我が家最寄りの新大久保界隈では50枚入り5,000円! それでも多国籍の客層で独特のエネルギーが充満する街並みらしい勢いで飛ぶように売れていました。

そんな騒動を経て “アベノマスク” 登場となったのは記憶に新しいですね。三密回避・ステイホーム・ソーシャルディスタンス、そして緊急事態宣言の発出。日本をはじめ全世界で感染拡大が進み、ニューノーマルが日常となりました。

今年2月にはワクチンが国内承認され、約半年間で日本では9,080万人が接種済み(うち2回接種は3,880万人、全体の38%が2回接種完了 ※8月4日現在)とのことで、“安全圏” といわれる70%到達が待たれます。緊急事態宣言下であっても効果的に人流が止まらず都内をはじめ各地で感染者数が増加していますが、重症患者は減少しているのがせめてもの救いです。

野党は政府に対して「こんな状況で五輪開催は非常識!」と非難しましたが、多くの国民はルールを守りステイホームでオリンピック観戦を楽しんでいます。しかし一部の心のない無節操な人たちが繁華街をうろつき、ノーマスクでの路上飲みや大声で騒いだり、果ては怪しい風聞を信じて頑なにワクチン接種を拒む人たちの無責任さには呆れるばかりです。「強制はなじまない」という自由民主的な制度の落とし穴はこんな所で感じます。

連日のオリンピック競技では日本選手の大活躍がTVで報道されています。平和の祭典がもたらす感動や勇気を追い風にして、私たちの日常が少しずつ取り戻されているのではないでしょうか。

がんばれニッポン!

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用