fc2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

ニュースタイルのベーカリー

高級食パン専門店がバタバタと倒産・閉店していますが、業界をよく知る方々はこの事態をしっかりと予測していました。ブーム当初に見られた長蛇の列、快進撃の出店ラッシュにあっても見方は変わりませんでした。いわゆる想定内ですね。

既存の大手製パン、ベーカリーはコロナ禍とロシアのウクライナ侵略による世界的な原材料費・コスト負担増からやむなく値上げを強いられてきましたが、品質を落とす事なく消費者の立場になってヒット商品の開発に日々努力しています。しかし少子高齢化等による人手不足は深刻で、新規出店もままならず、かといって閉店するにも多大な処理費用が必要で身動きがとれない状況です。

そんな中、10月期輸入小麦の政府売渡価格を11.1%引き下げるとの発表を受けて製粉各社は一斉に業務用小麦粉の値下げ改定を発表しました。

この改定で製パン業界はどうアクションを起こすのでしょうか。度重なる価格改定によるコスト増は大変な負担を強いられます。原料価格が下がっても今まで通りの高品質を維持し提供できれば、消費者は “据え置き” でも苦言を呈する事はないものと思われます。

コロナ禍を経て、中食事業への旺盛な需要は、かねてからのパンブームに着目した異業種を巻き込んで新しいスタイルも生み出しています。大手旅行代理店のHIS社は、“食と地域とツーリズム” というコンセプトでベーカリーチェーンとのコラボ「HIS×パンとエスプレッソと」を日本全国に展開中です。現在約20店舗まで展開、「47都道府県に各1店舗」というルールでご当地オーナーを募集し、競合することなく新たな地域活性化に挑戦するというものです。他チェーンでは真似できない店舗ごとのご当地パン開発、古民家や指定文化財の建物を店舗利用するアイデアが光ります。

一個のパン、一杯のコーヒー。そのクオリティにまっすぐこだわりながら人気店を目指す営業スタイルがユニークですね。

口癖の掛け声

「よいしょ!」

何をするのにも、まずは小さく掛け声を発する癖がいつの間にか身に付いている事に最近気づきました。周りの人たちが口にしているのが気になって、いざ指摘しようかと思ったら、実は自分もしっかり口にしていたという顛末です。

ちょっとした仕草や習慣を自覚した時、思わず心の中で笑ってしまう自分がいます。ましてや家の中での力仕事(椅子を運んだり、一升瓶を食材庫から出したり)の際に、

「どっこいしょ」

なんて言葉も自然と出てきます。

幼い頃に読んだ絵本を思い出しました。おじいさんが育てた大きなカブを一人では引き抜けずにいたところ、おばあさんや孫、犬に猫、ネズミまでもが一緒に力を合わせて全員で「よっこいしょ、うんとこしょ」と掛け声をかけて引き抜いたお話! 普段からソファから立ち上がる時は必ず「どっこいしょ」と言っています。家内もつられてなのか、小さく声を出しています。後期高齢者だけでなく私の娘も「よいしょ!」なんて言いながら買い物袋を膝にのせて中をまさぐっている姿は、やはり親子だなと感じます。

年齢というよりは運動不足による体の老化が原因なのかもしれません。あるいは声を出すことで “体へ負担が掛かるぞ” と意識付けする効果もあるようです。となれば、元気な老人、ましてや若者には無縁の行動なのでしょうね。

体力維持・向上のため長らく通っている元麻布の東京アメリカンクラブに行くのも億劫になりました。テレビCMで話題の「チョコザップ」の手軽さが気になるも、あいにく近所に店舗がなく、もっぱら自室で踏み台を使った昇降運動と、14階から階段で降りてマンション周辺を杖をついて小一時間の散歩は続いています。せいぜい4千歩といったところですが、身体・歩行障害3級の身には精一杯の運動です。

そして何より散歩のご褒美は、自宅マンション前のまいばすけっとで玉子サンドイッチを買い求めて、時間を空けて半分ずつコーヒーと共に味わう楽しみがあります。

8年前に胃がんにより全摘しているので毎日の食事は5~6回に分けて少しずつ食べます。玉子サンドイッチは腸での消化も良く、昭和のレトロな味を楽しめるとあって、まいばすけっとのシンプルな玉子サンドにハマっています!

玉子サンドイッチ

10月に入っても異常気象により真夏日が続いていたのですが、3日の朝にベランダのガラス戸を開けると、秋のきざしが。今秋はストンとやってきました。かすんだ富士山を遠望しつつ、ふと口ずさぶ「ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋みーつけた」。

お恥ずかしながらこの一節しか出てきません。さっそくスマホで歌詞を検索してみると、出だしから間違えていました。



誰かさんが 誰かさんが 誰かさんがみつけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋みつけた
目隠し鬼さん 手の鳴るほうへ 
すましたお耳に かすかにしみた
呼んでる口笛 もずの声

これが一番です。作詞はサトウハチローさん、作曲は中田喜直さん。1955年に発表されたボニージャックスの曲です。

それにしても、なぜ “♪ちいさい秋~” と歌い始めてしまうのでしょうか? とはいえ同じ間違え方をしているお仲間も少なからずいらっしゃると思うので、多少の順番違いはあれど、心にしみ入るフレーズなのは間違いありません。

秋気分をより味わおうと久しぶりにコンバーチブルの屋根を開けて、買い物がてら「ちいさいドライブ」に出かけました。カーラジオからは絶妙のタイミングでちいさい秋が流れてきました。思わず、“誰かさんが誰かさんが……” さすがに間違えることなく、しわがれ声でちいさく口ずさみました。

ラジオは学生時代よく聴きました。お気に入りの番組は2つあって、まずは小沢昭一さんの「小沢昭一的こころ」。時事問題を痛烈かつユーモラスに斬る巧みな話術に引き込まれました。もう一つは永六輔さんのトーク番組。タイトルを失念しましたが、印象に残っているのは「かろのうどん」です。

うどん好きの永さんといえば名付け親でもある伊勢うどんが有名ですが、「かろのうどん」という博多の老舗うどん屋さんを紹介していた事をよく覚えています。博多弁と永さん独特の発音も相まって、角のうどん=かろのうどん となるんです。ちなみにお店は現在も中洲・川端商店街の “角” で営業中です。

私の好きな食卓のひとつ、小学校の家庭科で覚えた玉子サンドイッチは今でもよくつくりますが、最近ではその懐かしいオーソドックスな玉子サンドが手軽に購入できるのがうれしいですね。特に日曜礼拝後に用意していただいている玉子サンドはまさに私の覚えた懐かしい味そのものです。

爽やかな気候のもと、今秋も多くの新製品がお目見えするでしょうが、原点回帰で “昭和の味” も良いのでは?

◎●◎◎●◎◎●◎◎●◎

NOBUエチオピア?

外務省は7月12日、ダバ・デベレ・フンデ駐日エチオピア連邦民主共和国特命全権大使が、徳仁天皇陛下に信任状を捧呈したと発表しました。これは日本の外務大臣立ち会いのもと、新たに就任する海外の特命全権大使が母国元首から託された信任状を天皇に差し出す儀式で、大使一行が皇居へ訪れる際には東京駅より馬車列にて往復送迎が慣例のようです。

この捧呈を以って正式に駐日大使になられたダバ大使と、先週NOBUレストランにて家内と一緒にランチを楽しみました。

ダバ大使は「こんなにおいしい料理を私は食べた事がない!」と大喜びでNOBUデビューを果たしたのですが、ここで私は「南アフリカのケープタウンとモロッコのマラケシュにもNOBUはありますよ」と、スタッフからもらったNOBUの世界展開が一目で分かるマップをダバ大使に差し上げました。世界五大陸20ヵ国以上、40店舗以上の高級レストランそしてホテルも経営する、NOBUのワールドワイドな展開に驚かれていました。

「エチオピアにもオープンしてほしいな」。
ポツリと呟くダバ大使。私は「来週、オーナーのノブさんが久しぶりに来店されますよ。よろしかったらご紹介しましょうか?」と尋ねると、ぜひとも! と快諾。ノブさんが来日する “NOBU Day” に合わせてリザーブしておいた幸運を有効活用できました。

翌週の初対面で2人はさっそく意気投合。ノブさんはダバ大使の説明を熱心に聞き質問を重ね、しばし話が弾みました。毎回満席となるNOBU Dayには多くのノブファンが駆けつけます。100席超の店内を満面の笑みで丁寧に回り、すべてのお客様に挨拶するオーナーシェフの姿に、人気の理由を再確認しました。

ノブさんは、「菅田さん、2~3年後にはエチオピアにNOBUレストランをオープンできるよう検討します」と乗り気。

この好感触に満足げなダバ大使はさっそく奥様へ長文メールを打っていました。奥様はエチオピアの国会議員で文化観光大臣の要職にあり、現在単身赴任との事。来年2月に奥様も来日されるそうですので、弊紙企画「大使夫人のおもてなし」への取材協力も快諾していただきました。

NOBUエチオピアがオープンしたら、ツアーを催行したいですね。
皆さんもご一緒にいかがでしょう?

ゲレンデとミニケリー

私は日赤広尾医療センターの整形外科と皮膚科に車で通っていますが、外苑西通りにある弊社事務所を右に、左に国立競技場を見ながらキラー通りを抜け、国道246号・青山通りを越えて六本木通りの霞町交差点を右折、名門の東京女学館高校の前にある同病院へ至る道を通ります。新宿百人町にある自宅から車で15分ほどの距離です。

何気ない日常の通院途中、ピュラトスジャパンのイノベーションセンターのすぐ近くで驚きの光景に遭遇しました。それは5月初旬に新型コロナの医療分類が2類から5類に移行して4ヵ月あまり、ノーマスクの歩行者が戻ってきた頃の出来事でした。

外苑西通り沿い、原宿幼稚園そばの赤信号で停まった瞬間、左側道には2台のベンツGクラス(ゲレンデヴァーゲン)が停車。母親とおぼしき2人の女性がそれぞれ我が子の手をとって原宿幼稚園に入っていきました。

2台のゲレンデは共に黒と茶のつや消しで、2人の若い母親の肩には偶然なのか、これまたお揃いのピンクとブルーのミニケリー。バッグの蓋は定番の “開けっ放し” スタイルで決めています。なぜ私が驚いたのか? 近頃では「納車待ち3年、リセールバリューも絶好調」といわれる人気高級車のゲレンデを青山、赤坂、六本木、麻布界隈でよく見かけます。そして8割がた女性ドライバーという印象はあったものの、ついに幼稚園の送り迎えもゲレンデか! と改めて驚嘆した次第です。

驚きついでの好奇心で、私は日赤に着くなり待合室のソファでこの幼稚園をググってみました。「原宿教会が1918年に設立、プロテスタント系キリスト教の教育のもと、子どもたちがいきいきと輝く保育を実践しているお受験系幼稚園」との事。有名芸能人はじめ著名人が多数通う名門なのでした。

先程の光景はたまたまで、一般的な園児送り迎えの日常ではないと思われますが、こういった方々を最近よく見かけます。ミニケリーの人気は驚くほどで、もはや正規ルートでの定価購入は困難で、プレミア価格の2次流通はますますお高い。庶民には無縁の話ですね。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用