fc2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

マギーのインスタント麺

レ・アンバサドゥール・デュ・パン・デュ・ジャポンの副会長、パリゴのオーナーシェフの安倍竜三さんが、先日都内で開催された同会の年次総会で会長に就任されました。

彼は同会日本支部の創設時より運営に携わり、代表選手として世界大会のモンディアル・デュ・パンに2大会連続で出場、コーチとしても2018、2020年大会と連続優勝に導くなど数々の功績を残してきました。世界を代表するブーランジェリーとして全会一致での選出・就任となりました。

折しも昨年末、同会のフランス本部よりプランショ会長から昨年末に世界各国の支部あてに以下のメッセージが届いていたとの事です。

各国のアンバサドゥール支部会長は各国支部と円滑に、高度な知識と技術を共有できる者を会長とする事。

この本部指令こそが、安倍シェフの新会長就任となった最大の理由かもしれません。会員および関連業界の皆様からの厚い支持のもと、安倍さんが日本支部を牽引してさらに発展さすることをを期待します。

さて、東京23区内の新築マンション平均販売価格が1億円を超えたというTVニュース。人件費や資材費の高騰、日銀の金利政策によるミディアムアッパー層の購買意欲を後押ししている事などが高値安定の要因のようですが、相場が高過ぎという関係者の声も聞かれます。

転じて製パン業界の行く末を考えるに、小麦粉などの原材料費が下落傾向ではありますが、新築マンション同様に値上げをされたらどうでしょう。そもそもこれまでパン類の価格があまりにも安過ぎた感があります。ここ数年の微増措置だけでは、ひっ迫する物流・人件費のコスト増をまかなえないのが実状です。その時々の生産コストの上昇・下落に左右される事なく、従業員が不安なく働ける待遇と環境を目指す事が健全経営の基盤であり、SDGsの本質的な取り組みであると期待します。

先週、集中的なリハビリのためグアムに渡航。滞在中に巨大スーパーの売場にて珍しい食品を発見、一つ購入して帰国しました。固形スープでおなじみのマギーブイヨンを製造販売するネスレ社のインスタント袋麺「kari」です。

Kari.jpg

帰国した晩にさっそく調理。といっても鍋で沸かしたお湯に乾麺を入れるだけですが、家内に刻んでもらった野菜を投入して実食。これは旨い! 一口味見した家内も納得のおいしさです。

ネット購入できるかな? と大手ECサイトをいくつかチェックしてみましたが、残念ながら今のところヒットしません。




弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用