fc2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

ガストロノミー・ツーリズム

最近「ツーリズム」というワードよく耳にします。

例えばガストロノミー・ツーリズムとは「その土地ならではの食文化を知り、味わう」事です。その条件は、地域独自の食材を用いた料理。ふと思い付いたのは埼玉県深谷市の名産品、「深谷蜜ネギ」。蜂蜜のように甘いこのネギをパン生地で包み焼きにした総菜パンなど面白いですね。間違いなくおいしいはず!

年明け早々の能登半島地震の甚大な被害を伝える報道を見ると、昨年9月にモロッコのマラケシュで起きた大地震と重ね合わせてしまいます。カサブランカでILOLI(囲炉裏)という日本食レストランを経営している古川夫妻とは仲の良い友人ですが、地震の際はすぐに連絡を入れました。

2週間ほど経って返信が入るまで心配したものです。奥様のノエルさんは地震当日、フェズという100キロほど離れた都市に滞在中で、帰宅後すぐにした事は献血とのこと。

ノエルさんは「これから国の復旧のためにいろいろやるべきことがありますね。みんなで!」と返信メールの結びに綴っていました。翌日、私は再度メールを送りました。「何か支援できることは?」という問いかけに、

「ありがとうございます菅田さん! モロッコに旅行で来てくれること、ツーリズムで応援いただけるのが日本の皆さんからの一番の応援かもしれません」

すぐに返信があり、来年こそはモロッコに行こうと家内と話しました。
しかし、ツーリズムでの応援はインフラ等の復旧にメドが立ってからの話。喫緊の災害復旧を邪魔するような訪問は迷惑でしかないでしょう。ハワイ・マウイ島のラハイナで起きた大規模な山火事被害も然りです。寄附金と祈りを捧げながらツーリズムで応援する地域が増えましたが、被害に遭われた土地をガストロミー・ツーリズムのような食文化を通じて応援する事で私たち業界がお役に立てるかもしれません。その土地ならではの味を発信していくことで、復旧後の地域経済を後押しできるものと信じています。

弊社は本年、私の齢と同じく77年の喜寿を迎える記念の年となりました。昨年はフランス共和国農事功労章シュヴァリエという分不相応な名誉をいただいたご縁から、フランス各地のシャルキュトリ文化を発信し普及に努めている日本シャルキュトリ協会とタッグを組んで、活動内容を多くの人に知っていただくべく、「シャルキュトリとパン」というテーマで、秋頃に実技セミナーを開催しようと企画を考案中です。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用