FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

東京2020

7月末にファイザー社のワクチン接種(2回目)を終えました。相変わらずのステイホーム生活ですが、連日のオリンピック観戦で盛り上がっています。

かつては毎週通っていたジムで汗を流せないもどかしさは、ウォーキング用ストックを携えて自宅マンションの吹き抜け廊下を歩いたり、非常用階段での踏み台昇降、ストレッチなどで紛らわせています。我流リハビリでも継続は力なりということか、所謂コロナ太りも無縁でなんとか体重をキープできています。自粛という状況に甘えて無為無策の日々を過ごすのではなく、小さくとも目標を定めて過ごすことが大切ですね。人間にとって必要不可欠なのは意思決定力であり、それを支える探究心と行動力を鈍らせてはいけません。

オリンピック開幕以降の日々は興奮の連続です。さまざまな競技で日本人選手の活躍はめざましく、卓球の新種目・混合ダブルスではじゅん・みまペアが決勝で中国ペアを破り、見事初代王者に輝きました。最終ゲームのラスト一球が決まった瞬間、思わず両拳を突き上げTVに向かって「ヤッター! おめでとう!」と大声で叫びました。翌日のニュースでは中国陣営からの「競技スペースの不備」や「日本ペアのルール破り」といった言いがかりのようなクレームが報じられるほど悔しかったようです。柔道の阿部兄妹の同日制覇や3大会ぶりのソフトボール、14歳のスケボー少女をはじめ連日のように金メダルの祝報が続き、この勢いが続いて欲しいものです。

そして、なんと言っても私が贔屓にしている立浪部屋の小結・明生関が関脇に昇進! 立浪親方からの電話で知らされた時、私は明生関とのツーショット写真を見ながら涙しました。親方(元旭豊・小結)の最高位を越えるという孝行ぶり、こんな感動はそうそうあるものではありません。大関昇進は3場所で33勝以上が目安ですが、明生関が9月場所以降も怪我なく土俵に上がり続ければ、おのずと結果はついてくるでしょう。家内と二人で応援します。

五輪のあおりを食って中継数が激減したMLBですが、エンジェルスの大谷祥平選手も好調です。昨日は2試合連続となる37号をかっ飛ばしました。オリンピックもMLBも、日本人選手の活躍がコロナ下にあって皆に元気をくれます。

コロナ感染者の増加を食い止めるためにも、ステイホームでのTV観戦と風聞に惑わされることなくワクチン接種を進捗させて、徐々に収束へと向かうことを祈るばかりです。


ジグソーパズル

思ったことをストレートに言葉にできる能力は、諸刃の剣ではないでしょうか。時には喜びや感動を与えてくれる一方で、傷つけたり悲しませることもあります。いずれにせよ、あらかじめ準備された原稿を読むだけならば、それは “語り部” に過ぎません。ふとした閃きや感情のおもむくままに発せられた言葉の力とは別物です。

ただし私の場合、口は災いのもとというタイプで、いまだに後悔する事があります。日常で交わされる他愛のない会話に相槌を打つ、笑って聞き流す。好き・嫌い・おいしい・まずい・うらやましい・かわいそう……。これらの感情を言語化する際には「理性」の働きが必要不可欠だと思うのです。つまり私の場合、とっさの一言に理性が伴わないのです。

つい先日も後悔の念にさいなまれた失態があり、それは家内と揃って受けた2回目のワクチン接種後の顛末です。2人とも3週間前に受けた1本目の際は、TV のワイドショーであれほど報じられていた副反応――腕の腫れや痛み、頭痛、倦怠感、発熱――といった症状が表れませんでした。しかし2回目の翌日、家内の左腕には赤い斑点が出て、その晩には37度1分の発熱が確認されました。慌てた家内は冷感シートを額に貼り、解熱剤を飲み、氷枕を用意してベッドに横たわりました。私はというと、接種部分が少々痛み、腕全体の重さを感じつつも気にせずにいました。一応検温すると「36度9分」。家内と2分の差ですが、私には “熱が出た” という実感がありません。家内は時折ベッドから出て、額にシートを貼ったまま冷凍庫の新しい氷枕と取り替えに行き来します。

そんな姿を見て、何を思ったか「ずいぶん大袈裟だね」と口をついてしまいました。

ジグソーパズルのようにTPOに相応しいピース(一言)が出ないもどかしさ。余計な言葉はすらすら出るのに、なぜか「大丈夫?」という気遣いのピースが出てきません。

翌朝、家内から「6度2分です」と告げられ、続いて「どうせ私は大げさだから」の一言。行ってきまーす、と普段より小さめの声とともに会社に向かいました。

私に欠けているのは「理性のカケラ(ピース)」なのでしょう。コロナ禍が巻き起こす家庭内のギクシャクは相当なストレスですから、なおのことお互いを思いやる理性が必要と分かってはいるのですが。

本日のリハビリ散歩は、少々難易度が高いジグソーパズルを買いにいくとしましょう。ピースを発見する共同作業で、喜びを分かち合えるかもしれないと期待を込めて。

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

ジビエピ

今週、いよいよ一年遅れで東京オリンピック・パラリンピックが始まります。開催については賛否がありますが、平和の祭典を大いに楽しもうではありませんか。

紀元前776年に始まったと言われている古代オリンピックは女性の参加は認められていなかったそうです。競技は全て全員が全裸で出場していたそうですが、これは不正防止や肉体美の誇示、呪術的な意味があったそうです。そして優勝者に授けられるのは聖域に生えるオリーブの枝でつくった冠だけという、名誉と卓越性を重視したギリシャ的思想の表れだったのですね。でも地元に帰ればヒーローとして相応な報奨がもらえたそうです。

近代オリンピックはフランスのクーベルタン男爵が提唱して復活した1896年の初回アテネ大会から始まり、1964年の東京大会を経て、東京2020へと至ります。今大会でもっとも過酷かつ期待される花形種目は、何といっても100メートル走でしょう。ウサイン・ボルトが叩き出した9秒63の五輪記録の更新が楽しみです。人類が “50台” に到達するのはいつの日か? 人生百年時代ですから、もしかしたら感動を味わえる日が来るかもしれません。

ステイホームでの私のスポーツ観戦スタイルは、カロリー、糖質、プリン体、アルコール、全てがゼロ、そしてなんと内蔵脂肪を減らすという優れたノンアルコールビールテイストの「オールフリー」が欠かせません。つまみは何といってもベーコンエピですね。少しずつ味わえるのがうれしい、私の大好物(あえて選択肢のなさを楽しむのも一興なのです)。

ベーカリーへ行くといつも大量買いして、三日目になってもリベイクせずに、硬くなったエピを一切れずつ噛み締めています。むしろ焼きたてよりも味わい深く楽しめます。オールフリーとの相性も抜群ですね。

私はエピについて日ごろから思う所があり、ここで全国のベーカリーさんに提案します。駆除対象となっている鹿とイノシシの肉をスモークした「ジビエのエピ」をつくりませんか? 商品名はずばり “ジビエピ” で世に出してほしいのです。おいしそうですね。いや、絶対においしいはずです。全国のベーカリーの皆さん、試作品を送ってください。そしてコロナが収束したら、「2022年 第1回ジビエピ・オリンピック」を開催しませんか。

積み重ね

4回目となる新型コロナ対策の緊急事態宣言が国より東京都に発出されました。今回は8月22日まで6週間に及ぶ異例の長期間、それもオリパラの開催期間に重なるのですが、街を行き交う人々からは危機感があまり感じられません。

全体的に “慣れ” があるようで、こうした事態を打破するためにも、一人でも多くの々がワクチン接種を済ませる事が、ウィズ・アウト・コロナを実現し日常を取り戻す唯一の方策なのは間違いありません。デマ情報や一部マスコミの報道姿勢に煽られる事なく、毅然とした姿勢で向き合おうではありませんか。

大相撲名古屋場所が始まりました。ステイホームでTV桟敷での観戦ですが、毎日の取り組みが楽しみでなりません。家内は私に代わって毎日出社し、留守番の私は家内お手製の贔屓部屋の全力士の成績表に星印を付けるのが日課です。初日の結びの一番は、贔屓力士の新小結・明生と横綱の白鵬。画面越しですが、「ガンバレ明生!」と大きな声援を送れるのがTV桟敷の特権です。

結果はさすがの横綱、善戦むなしく敗れはしたものの素晴らしい取組でした。解説者の誰もが明生関の目を見張る成長ぶりを称賛していました! 確かに体が一回り大きくなった印象です。そして西前頭5枚目の豊昇龍関も力を付けてきました。筋肉の厚みには叔父である元横綱・朝青龍関はもちろん、一世を風靡したウルフこと元横綱・千代の富士関をも彷彿とさせます。

大相撲中継の前は午前中にBS-NHKで放映されるMLB、エンゼルスの大谷翔平選手の活躍も楽しみです。本号発行日にはMLBのホームランダービーと翌日のオールスターでの2刀流がライブ中継されます。7月12日現在、本塁打数は33本で両リーグトップ、松井秀喜選手が2004年に達成した日本
人最多記録(31本)を更新しました。しかもオールスター前の61試合目というハイペースです。松井選手はシーズン通しての記録でしたから、そのすごさがわかります。このまま怪我なくフル出場できたら、あと何本打つのか? 想像もできません。

日本経済はワクチン接種者数と歩調を合わせるように回復の兆しがあります。製パン業界もコロナ禍で苦しい状況ながら、消費者のニーズをとらえた各社の新商品が次々と話題を集めています。これまで積み重ねてきた企業努力を以てすれば、きっと今後に反映されることでしょう。

⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用